易占機考

福島県民は集団催眠!
2022/12/19
 日本全体でも福島県でも、10万人当たりの死亡率が年々 上がっている。ところが、福島県では、原発事故の後、この折れ線グラフの傾きが変化して、日本平均との乖離が益々 拡がっている。
 原因は何? この11年半で何人 過剰に死んでいるの?

●年間の追加線量1mSv と言っても、ウクライナ・ベラルーシでは外部被曝線量に内部被曝線量を足して1mSv。ウクライナでは外部3に対して内部2、ベラルーシは1対1で見積もっており、ソ連から独立直後で財政が逼迫した中で内部被曝の見積もりが低く抑えられた。1千 km 以上 離れたオーストリアでは1対6で見積もっており、吸引被曝も重く評価する。
 対して、霞ヶ関は3.11後は外部被曝線量だけで年間被曝線量を言う。それ以前の原子力安全委員会の専門部会での認識を無視。
●環境省は3.11後、年間の追加線量1mSv = 0.23 μSv/h とした。これは一日の16時間を屋内に居るものとして、その線量を遮蔽効率だと言ってその6割をもカットするイカサマだからこうなる。ヨーロッパではこんなことはやらない。実際、低線量下では屋外・屋内に空間線量の違いはなく、年間1mSv = 0.114mSv。
●ヨーロッパでは、安全を図って、地上1cmで測定。数値は地上1mよりも大分 高く出る。
●環境省は土壌汚染濃度や空間線量ではなく実効線量で評価すると言い、ほぼ正面からの放射線にしか拾わず、千代田テクノルなら10μSv/h 以下で性能テストもやっていないガラスバッジで測定。
 従って、環境省が主張する年間1mSv はウクライナ・ベラルーシの評価基準では数mSv になる。このヨーロッパの評価基準でさえあれだけの被害を出している。なのに、環境省は年間20mSv、実は100mSv ほどにも住めると言う!
 国内外の最新医学では、外部被曝10mSv ごとに発癌率が約3%増加することが明確になっている。



 もう誰も福島県民を助けようとする人なんかいませんよ。
 それどころか、福島県への移住促進、福島県産のPR…間違えないで! それは(避難したい)福島県民のためではありません。とてつもない犯罪をマスゴミ統制で隠蔽する経産省以下の原子力ムラ助け!

 (編集途中)



結 果
 

#易占 #易占い #占い #原発事故 #福島県 #チェルノブイリ



お知らせ
2022/12/31
 年が替わるのを機に、この周易等についての書き物「易占夜考」を「易占機考」に改めます。
 夜、一人静かに考えることが多いので「易占夜考」と題していましたが、何か気の通りがイマイチに感じられ、それなら頭のところを変えるに如かず。福占を得たいと思えば、気分が乗っている時以外は、執筮は太陽が昇っている日中に執ること。夜中の執筮は 36【地火明夷】||(← 左を上に)で、「夜陰」をやめよう、と。
 また、ここの書き物は鑑定ではなく自分の記録なので、ダメはダメとそのまま書いているし、読みが違うなと思ったらその都度 改めていますが、宜しくない占示を得てそれを少しでも好い成り行きに転ずるには、政治活動でと同様、何をどうするの道筋を示して価値があるでしょう、と。

 そんなわけでここを「易占機考」に改めることの是非を易に質すと(12/30)、27【山雷頥】||上九。改めるに如かず。



白紙革命
2022/11/29、11/30
 11/24、コロナ対策としてアパートの鉄の玄関ドアをボルト止めされ、消防車が近寄れないために、子供を含む44人が焼け死んだ新疆ウイグル自治区ウルムチでのビル火災に端を発して、習 近平 政権によるゼロコロナ政策のロックダウンに抗議するデモが全国的に発生。各地で食料危機あり。上海のデモは公然と習 近平 退陣の主張を掲げ、政権打倒運動に変わりつつあるようにも映る。
 上海ではイギリスBBCの男性記者が警官に殴られ蹴られして連行。
 北京・上海はじめ抗議運動は全国 数十ヵ所に拡がり、地方ではPCR検査場を壊し、機動隊とぶつかるなどの暴動も。海外にも新宿など12都市に拡がる。
 習 近平の母校の清華大学のキャンパスでも抗議集会。「言論に自由がない」ことを訴える意味の白い紙を手に手に掲げるのが抗議スタイル。「白紙革命」と言われるように。
 街頭での抗議としては天安門事件(1989)以来の規模だと言う。

上海市
上海市(産経新聞)

 習 近平 政権が第3期になる前後から習の政権基盤が揺らぎ始め、いよいよ…を書いた卦読みの記事は先月の更新作業の時に消えてしまったが、このデモが太い導火線となるか、期待。

 習 近平の党総書記3期目が決まった翌日、こやつの年内の地位の盛衰を質すと(10/23)、1【乾爲天】||||||(← 左を上に。以下 同じ)初九。
 爻辭「潛龍。用ふる勿れ[用ひらるる勿れ]」。単に隠伏して現状の問題に対してやり過ごすだけだろうか。


占 題
 デモは習 近平 政権を揺るがすほどに発展するか(11/29)

三 遍 筮 法
得 卦

4 山水蒙
伏卦 41 山澤損
互卦 24 地雷復
錯卦 49 澤火革
綜卦  3 水雷屯
 初六、蒙を發(ヒラ)く。用て人[初六]を刑するに利(ヨロ)し(と期待する)。用て桎梏(シッコク = 罪人の手足を拘束する道具)を説きて(= 規律を厳正にしない)以て往けば吝。
 象に曰く、用て人[初六]を刑するに利しとは、以て法を正す也。
 
 占の主体を誰とはしないで執筮。
 まず、習 近平 政権による警察の取り締まりが勝るだろう。情報面ではネットの取り締まりも。【蒙】の初六の抗議の始めを叩いて、暴動に走るデモ隊は鎮圧して、刑に処する。
 卦の符号を観ると、内卦【坎】の人民の抗議の “意思” を外卦【艮】の “手” が内に握っている。
 伏卦 41【山澤損】|||も下が削られて損ずる。よって、この【山澤損】は之卦的。

 他方、こういう占題の占示には事態の推移を拾う必要がある。
 九二の爻辭「蒙[四陰爻]を包む、吉」で政権は人民に飴を配って懐柔策を採るが、六四「蒙に困(クル)しむ、吝」、更に、上九「蒙[六三]を擊つ」と発展することも見ておく必要がある。上九まで発展すれば “第二の天安門事件” になり、習 近平も地位を追われる。

 侵略した5つの自治区を含めて、西洋の自由主義も知っている14億人強の人民を時代錯誤の毛沢東思想や北朝鮮式の圧政・情報統制で押さえ付ける政治のナンセンス。人々を縛れば縛るほど、歴史は繰り返されることになる。中国全土での反発となると、強圧的な手段だけでは済まない。
 北京から離れた上海でデモ隊が「習 近平 打倒」のビラを掲げられるのは、大分 衰えたりと雖も大長老の江 沢民の地盤だからか。



 江 沢民が 11/30 上海で白血病に伴う多臓器不全により 96 歳で死去。中国共産党 支配に何か節目ありか。



結 果
 

#易占 #易占い #占い #白紙革命 #ゼロコロナ #習近平



カタールW杯、ドイツを破り
2022/11/24-11/25、12/ 2、12/ 6
第1節
 2022 FIFA ワールドカップ カタール大会、日本代表(FIFA World Ranking 24位)は、初戦、W杯4度優勝のドイツ(同11位)に2−1(0−1)の逆転勝利。ドイツ代表は前監督のヨアヒム=レーヴ時代の終盤から力が落ちた。

浅野 拓磨
  浅野 拓磨[FW/VfL ボーフム]。
 相手DFにインサイドに貼り付かれながら快足ドリブル。殆ど角度のない所から、グラウンダーをカットしにしゃがんだ名手マヌエル=ノイアー[GK/FC Bayern München]の頭上を通した。
 
 試合は、前半8分、伊東 純也[MF]の右からのクロスをDFライン裏に走りこんだ前田 大然[FW]が滑り込みながら合わせてゴール ネットを揺らしたが、オフサイド。
 ドイツにも同様のオフサイド判定あり。
 33分、権田 修一[GK]がシュートをカバーした時にゴールの逆を向いているダヴィド=ラウム[DF]に覆い被さったことでイルカイ=ギュンドアン[MF]にPKを献上。倒したと判断された?
 だが、ドイツ相手に全く退かずに攻めて、後半は優勢な試合運びで、共に途中出場のドイツ組の堂安 律[MF]と浅野 拓磨[FW]がそれぞれ75分・83分に special ゴール。特に浅野のドリブルで右サイドを駆け上がってのシュートは見事。日本サッカーに歴史を作った。

 日本代表、W杯で優勝経験国と三度目の対戦で初の勝利。前日、サウジアラビアがわがアルゼンチン代表を下した試合と共に、アジア勢が勢う。
 前々回大会でアルゼンチン代表を延長戦で下して優勝したドイツは、前回大会に続いて初戦黒星。


占 題
 日本代表の優勝への気運如何(11/24)

三 遍 筮 法
得 卦

9 風天小畜
伏卦 61 風澤中孚
互卦 38 火澤睽
錯卦 16 雷地豫
綜卦 10 天澤履
 九三、(六五に上進を制止され、自らも)輿(クルマ)輹(トコシバリ = 車体と車輪の軸とを連結する部分)を説く。夫妻[九三・六四]反目す。
 象に曰く、夫妻[九三・六四]反目すとは、室[六四](= 妻)を正すこと能はざれば也(九三が過剛不中だから)。
 
 第1節を終えた段階で夢を壊すようで何だが、この【畜】止の卦の九三は次の六四に上進を制止されるのだから、またベスト16でドボンではないかな。経験はないが、三爻辭を得たのでグループ リーグ第3戦で終わりとも採れないこともない。
 決勝トーナメントに進むとして、1回戦、対岸のグループFを抜けて来るのは、順当なら、こちら3.11でそれどころではなかった間にサッカー強国になって前回大会で3位を占めたベルギー(FIFA World Ranking 2位)か前回大会の準優勝国クロアチア(同12位)かな。今回はどちらもどれほどのチームか知らないが。
 日本は、内卦【乾】の3陽爻で3連勝?



第2節
 第1節でスペイン代表に0−7(0−3)で完敗したコスタリカ代表に0−1(0−0)で負け。ボール支配率もシュート数も大きく上回ったが、コスタリカのガッチリ退いた守りを崩せず、前半から退屈な展開が続き、終盤にゴール前でのボール処理をミスして失点、というつまらない試合。勝ち点3のまま、グループ3位。
 スペイン−ドイツ戦が1−1(0−0)で、グループは混戦に。


第3節
 12/ 2、スペイン代表に2−1(0−1)で逆転勝利。圧倒的にボールを握られたが、プラン通りか、カウンターが当たった。日本は「死のグループ」を勝ち点単独6の首位で突破。
 ドイツが3位のまま、2大会連続でグループ リーグで脱落。
 次の相手はグループFを2位通過のクロアチア。首位のモロッコ(FIFA World Ranking 22位)の方が好いかもと、後半に逆転して2−1になった一時は片方のドイツ−コスタリカ戦が1−0→1−2になって、日本は1失点を選ぶこともありと思ったが、ドイツの再逆転で日本は失点して同点になれば得失点差で3位になる状況もあり、そこからグループ2位通過の選択は消えた。



結 果
 日本はグループ リーグを突破し、決勝トーナメント1回戦、クロアチアに本戦1ー1(1−0)、延長の末のPK戦で3人が止められ、1−3で敗れる。ここでドボンで占示の通り。概ね的占
 前半30分程は押し込まれ、徐々に盛り返し、主砲というべき堂安 律[FW]の右からのクロスをゴール前の前田 大然[FW]がヘッドで合わせて、今大会初めての先制リード。ゴールが作れる三笘 薫[MF]の投入が遅過ぎで、5枚の最終ラインに置いてどうする等々はあったが。グループ リーグでも、投入選手がゴールを決めたというだけで、右の伊東 純也[MF]の使い方とか、開いた真ん中に堂安 律[FW]が飛び込むとか、連携して色々やれた筈。
 クロアチアは雑な放り込みなど irregular のプレーには却って注意だったが、危ない場面はそうなかった。本戦までは勝てる雰囲気がした。ヨーロッパ サッカーにコンプレックスだった日本代表はもういない。

 で、卦は内卦【乾】の上進が六四の一陰爻に【畜】止されるのだから、相手はそれほどでもないチームかと思った通り、実際、以前とは別のチームだった。ピッチに並んだ選手らの表情は冴えなかった。細部を詰めれば勝てた試合。

三笘 薫
ずっと塞ぎ込む三笘 薫[FW]。

 日本の選手らはPKの駆け引きを知らない? 最後4人目のキャプテンの吉田 麻也[DF]はボールを置くなりソソクサ蹴ったが、短い助走で疲労で惰性っぽく蹴ればinに蹴るもので、相手GKに読まれる。コースは左下角で悪くなかったが。キッカー4人とも右利きで、1人目の南野 拓実[FW]だけoutの右に蹴った。成功した3人目の浅野 拓磨[FW]以外は蹴る方向を決めていた感じで、フェイントなしで読まれやすい。クロアチアの4人目が決めたところで、1−3で試合終了。延長後半にはもう日本の選手らはこのキツい状況から逃れたいばかりになっていなかったか…。PK戦では必勝の意欲を感じられなかったし、技術が乏しかった。
 日本はグループ リーグでドイツ・スペインを破ってまさかの首位通過を果たして大会の花形に躍り出たが、宿願だったベスト8、今回も成らず…。

 アジア勢は日本、韓国、オーストラリアの3チームが初めて決勝トーナメントに進み、何れもここで敗退。

#易占 #易占い #2022 ワールドカップ #カタール #日本代表



問筮者の認識の狂いに応じた占示
2022/11/18
 11/17、タイのバンコクで岸田 文雄と習 近平が45分間 会談を持った。安倍 晋三の時以来、日中首脳会談は3年ぶり。

 習「両国関係の重要性は変わっておらず、今後も変わらない。新しい時代に合致した関係を築きたい」。
 岸田「建設的かつ安定的な関係の構築を双方の努力で加速することが重要だ」。東シナ海での中国の軍事活動や弾道ミサイルの発射には「深刻な懸念」を示し、台湾海峡の平和と安定の重要性も改めて強調。

岸田 文雄、習 近平
岸田 文雄は習 近平にへこへこの態…安倍 晋三はずっと弁えがあった…

 だが、習は台湾問題について、中国国営中央テレビによると「内政干渉は受け入れない」「海洋と領土の問題は意見の相違を適切に管理しなければならない」と日本政府を牽制。台湾への軍事侵攻をやるつもりだ。
 日本の主流メディアは岸田「安全保障分野の意思疎通の強化で一致した」の事勿れメッセージ報道。
 岸田、ウクライナ情勢に関し「ロシアは核兵器を使用してはならず、核戦争をしてはならないとの見解で一致した」。
 また、外務・防衛当局の高官による「日中安保対話」の開催や緊急時に防衛当局間をつなぐ「ホットライン」の早期開設を申し合わせた。


占 題
 日中首脳会談の習 近平の態度はプラスに取れるか(11/18)

 この筮は会談で両者の考えの一致しない部分を書こうとしない日本の新聞社のネット記事だけを読んで執ったので、ややマヌケな問いになった。問筮者の認識の狂いに応じた占示を得たところが興味深いので書いてみた。

三 遍 筮 法
得 卦

27 山雷頥
伏卦 42 風雷Y
互卦 2 坤爲地
錯卦 28 澤風大過
綜卦 27 山雷頥
 九五、經(ツネ)に拂(モト)る。貞(タダ)しく居れば吉。大川を渉る可からず。
 象に曰く、貞しく居れば吉とは、順にして以て上[上九](カミ)に從へば也。
 
 これは身を頥(ヤシナ)ふ口実を求むの卦で、易学徒には言うまでもなく、この「口実」とはそれぞれが欲する実益の意味。
 この卦の符号はこちらと相手が隔たりなく向き合っている画で、外卦【艮 = 倒震】の習 近平が六五の裏【倒兌】で何かを語っているところを示している。
 且つ、爻辭「經に拂る」で、(こちらはこの会談が軍事状況的にプラスかもと思っているが)習 近平のそんな態度があるとするなら会談の時だけだよ、と絶妙の占示。
 もし中国共産党 外交部の日本にとって厳しい会談内容の記事を読んだ後だったら、この筮は執っていない。危機認識に変わりがないから。
 続いて、爻辭「貞に居れば吉」で、即ち、日本は一切 気を緩めずに防衛整備・核武装を進めること、と判断される。

 ところで、習 近平は首脳会談の時、真っ赤な口紅を差すことがある。
 3年前、安倍 晋三との会談の時は差しておらず、唇の色が明らかに違う。岸田には上の写真の通り差している。ウラジーミル=プーチンと会った時も赤かった。
 これは一体 何の意味?



結 果
 

#易占 #易占い #占い #岸田文雄 #習近平 #首脳会談



おいおい、第三次大戦 !!
2022/11/18
 11/15 ウクライナと接するポーランドの国境から6 km にロシア製のミサイル(ウクライナ軍も使用する S300)が落下して、民間人2人が死亡。
 ウクライナのウォロディミル=ゼレンスキーは「これは集団安全保障に対するロシアの攻撃だ! 極めて重大なエスカレーションであり、行動が必要だ」と言い張り、ポーランドはNATO条約第4条に基づく協議の要請と国連安全保理に提起する考えだ、と息巻いたが、NATO加盟国は「おいおい、ロシアと戦争すんの?」だ。第三次世界大戦に突入!
 で、ポーランド大統領のアンジェイ=ドゥダも「誰が撃ったものか分からない」→「ウクライナが防空手段として使用したもの」に軌道修正。NATO条約第4条云々を引っ込めた。

Joseph BIDEN
  ゼレンスキー以上の大根役者…
 
 すると、バイデンも軍事産業やロシア打倒にただ働きしてくれるウクライナの梯子を外した。ウクライナに大量の兵器を送り付けてやらせていたのが、自分らがNATOの主力として戦争当事者になってしまう、と。
 ミサイル落下の後、NSC[米・国家安全保障会議]は理非もなくウクライナ擁護をやっていたのが、USA民主党は態度を 180 度。バイデンはゼレンスキーの主張に対して「(落下したミサイルは)ウクライナ軍のものでないという証拠がない」と言い出した。「軌道から考えると、ロシアから発射されたとは考えにくい」とか。
 国防長官の黒人のロイド=オースティンも追従。
 NATO諸国から突き上げを喰らったことは容易に想像できる。
 そのNATOも事務総長のイエンス=ストルテンベルグが体裁を取り繕うのに「だがウクライナが悪いのではない。最終的な責任は、ウクライナに対して違法な戦争を続けているロシアにある」と。
 すると、ゼレンスキーは混乱して「何が起こったのか完全には把握していない」と後退。所詮はバイデン人形のそのまた人形。

 そうなると、中国も人民感情としてロシアと共に戦えのムードになってはマズいと、習 近平も「落ち着け、落ち着け」と国内をなだめにかかる。

 ロシアは国防省が「ポーランドに向けてミサイルを発射した事実はない。(一連の報道は)状況をエスカレートさせるための意図的な挑発だ」と非難している。

 兎に角、日本国民はUSAの民主党(リベラル)の大統領のデタラメをこうして目にしている。民主党政権なら、極東有事にも兵器を送って来るだけで終わるぞ。


占 題
 このまま、第三次世界大戦への発展如何(11/18)

三 遍 筮 法
得 卦

60 水澤節
伏卦 5 水天需
互卦 26 山雷頥
錯卦 56 火山旅
綜卦 59 風水渙
 六三、節若せざれば、則ち嗟若(サジャク)。咎(トガ)无(ナ)し。
 象に曰く、節せざるの嗟(ナゲ)きとは、又 誰をか咎めん(也)。
 
 内卦はUSA民主党とウクライナのろくでなし政府で、占示はもういい加減 行いを慎むべし、と云っている。
 【水澤節】でもこの六三は物ごとを節することが出来ずに好き放題をやって今に至るが、この六三は関係者らがこの【節】の必要を自覚することで、おそらく落ち着きが戻る。次の六四に当たる 2023 年で決するか、ただ、九五の 2024 年、上六の 2025 年と終結には長引きそうだ。
 外卦は【坎】のウラジーミル=プーチンで、ロシア存続発展の “一筋” の強い信念を持っている。その核に当たる九五は、大成卦 19【地澤臨】||(← 左を上に。以下 同じ)=【大震】の障害になっているので、結局は体力の核を保有するプーチンの不退転の決意が事態発展のブレーキになるということ。

 この卦・爻では、こんな無くし物の占を書いている。易をやることで、よく物ごとを考えるクセが付く。



結 果
 

#易占 #易占い #占い #第三次世界大戦 #バイデン #ゼレンスキー



ウクライナ代理戦争は終了
2022/11/15
 この戦争は、ウクライナ親露政権潰しのマイダン革命(2014)から露わになったUSA民主党・ネオコン集団 ⊂ ディープ ステート[悪党の国際金融資本](グローバリズム勢力)によるウラジーミル=プーチン政権(ナショナリズム勢力)潰し。
 この間、ウクライナ軍とネオナチのアゾフ連隊は東部のドンバス地方でロシア系住民を計1.3万人も殺害し(国連人権委員会報告)、ネオコン国務長官のアントニー=ブリンケンが今年1月にNATOの東方拡大せずは保障しないと言ったことで、プーチン大統領は越境に踏み切った。
 調べれば普通に分かるものを、プーチン批判やロシア軍劣勢のデマを子供のように繰り返すNHKを含む左翼メディアは、DS傘下か大手広告会社の奴隷。岸田 文雄 内閣も恥もなく奴隷同然にUSAに追従。

Joseph BIDEN
  戦後史上最低の支持率で、インフレの物価高騰で、どうして現役の知事も上院議員も1人も落選がないの?
 
 ジョー=バイデン政権は今月の中間選挙で、ドナルド=トランプ大統領の支持勢力「MAGA」による全国的な「赤い波」に、投票の集計操作 → 下院での逆転はさすがに無理と見て、ウクライナにジャブジャブと兵器を送り付けて軍事産業が潤う法案はもう通らない、と。
 また、ウクライナ国内は主要道路・鉄道・橋梁・電力網・通信手段・兵器倉庫等が破壊され尽くして、ウォロディミル=ゼレンスキー政権のウクライナ軍の実態になりつつあるNATO軍に地上戦力を送り込んでも、使えない。米軍は台湾有事に備えた高機動ロケット砲システム[ハイマース]をウクライナに回したり、常備兵器の編成に支障。

 他方、プーチン独裁政権は30万人の予備役の動員や陸上兵器の増産など、戦闘と陣地確保に本腰を入れて来た。
 ロシア陸軍のヘルソン州(クリミア半島の付け根)からの撤退は過剰に千数百 km に伸びた前線の整理だろう。
 EU各国は戦争支援とエネルギー問題で厭世気分。バイデンに批判気味のフランスのエマニュエル=マクロンはプーチンを追い詰めるな、と。

 すると、バイデンの二人羽織をやっているジェイク=サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)がプーチン政権側のカウンターパートの安全保障会議書記や外交政策アドバイザーと数ヵ月前から協議していたことがUSAや関係国の政府関係者から明らかになった。バイデン政権は戦争当事者ではない格好だから、和解の話し合いではないと言うが、当然 停戦を探っている。これはUSAが停戦を決めれば終わる戦争。
 ロシア陸軍のヘルソン州からの撤退もこの一環と観るべきかも知れない。


占 題
 ゼレンスキー政権は停戦に応じるか(11/15)

三 遍 筮 法
得 卦

24 地雷復
伏卦 19 地澤臨
互卦 2 坤爲地
錯卦 44 天風姤
綜卦 23 山地剥
 六二、休(ヨ)く復る。吉。
象に曰く、休く復るの吉なるは、以て仁[初九]に下れば也。
 
 やがて応じることになる。負け。こやつを後で操っている連中の指示に従う、と言った方が適切かも知れない。軍事戦争のなかった元の状態に遠からず復る。六四に当たる 2024 年かな。爻辭の「休く復る」は休戦かな。この卦はその上も怪しい。
 六二は初九に負っている。3年前までコメディアンで政治経験さえなかったゼレンスキー[六二]はUSA民主党政府[初九]のパペットでしかないことがこの符号や爻辭からも分かる。
 目の前の外卦は【坤】で “廃墟になった大地” …。



結 果
 

#易占 #易占い #ウクライナ代理戦争 #バイデン #ゼレンスキー #プーチン



金 正恩、臨戦態勢
2022/11/ 4
 米あるいは露・中にとって極東の敵性国を互いに牽制させる道具が北朝鮮であり、北の資金はディープ ステート[悪党の国際金融資本。以下、DS]軍事部門のネオコン集団から、兵器や開発技術はロシアから提供されて来たという。
 それが、DS政治部門のUSA民主党がナチスの旗を掲げたアゾフ連隊まで使って 2014 年から度々ウクライナ東部に攻め込んで[ドンバス戦争]ロシア系住民を計1.3万人も殺害し(国連人権委員会報告)、ロシア領内にミサイルを降らせ、今では米軍主体のNATO軍が支えているウクライナ軍が2月に一斉攻撃を加えると、ウラジーミル=プーチンはウクライナへ軍事侵攻。プーチンは 2008 年からウクライナとジョージアのNATO加盟はレッド ラインだと繰り返し表明。
 同機して、ロシアの子分の北朝鮮は背後の極東で米・韓軍を牽制に。長距離ミサイルの試験再開や核実験の断行が喧伝されている。
 すると、反グローバリストのプーチン政権打倒にまで目的を進めたDSは北朝鮮への資金援助を絶ち、北の敵対姿勢に変わった。

 ジョー=バイデン政府は先週には、朝鮮半島近海に空母ロナルド=レーガン(横須賀配備)、エイブラハム=リンカーン、台湾近海に空母カール=ヴィンソン、大型強襲揚陸艦アメリカ(佐世保配備)、エセックスを大集結。空母とは空母打撃群で、空母1隻につき最低イージス艦3隻、攻撃型原潜1隻が随伴。湾岸戦争に近い攻撃力。
 米・韓軍は 9/26 からかつてない規模で合同軍事演習を展開した。

金 正恩

 北朝鮮はヒューミント情報によれば 2017 年ドナルド=トランプ大統領により3セットの空母打撃群で圧力を加えられた時以上の臨戦体制を敷いており、金 正恩は平壌郊外の地下 100m の統合軍事指揮所に潜って、東や西の洋上に弾道ミサイルや迎撃不能の変則軌道のミサイルを連日バカスカ撃ちまくっている。
 11/ 2 には10時間に短距離弾道ミサイルなど過去最多25発を打ち上げ、1発は日本海側の韓国との北方限界線[NLL]をかつて初めて超えた。昨日の6発の内の1発はICBMの可能性あり、と。10/31 から豪空軍も参加した約 240 機による米韓合同空軍演習「Vigilant Storm」への反応らしい。この訓練はそのまま作戦行動に移れる。
 北は緊張を高めて譲歩を引き出すいつもの瀬戸際作戦には相違ないが、それなりの被害を出したら、核保有だろうが、鼻先の米・韓軍に一気に殲滅させられることは百も承知。防空兵力は40年前に実戦配備された第3世代戦闘機 Mig-29 の他はガラクタ。親分のロシアは米軍主体の実質NATO軍とのウクライナ代理戦争に疲弊して、加勢してくれるどころではない。
 つまり、米軍とのウクライナ代理戦争が極東でも展開されるのか、という状況。


占 題
 北朝鮮の韓国・USAへの態度如何(11/ 4)

三 遍 筮 法
得 卦

42 風雷Y
伏卦 27 山雷頥
互卦 23 山地剥
錯卦 32 雷風恆
綜卦 41 山澤損
 九五、孚(マコト)有り惠心あり。問ふこと勿(ナ)くして元吉。孚(マコト)有り我が桙惠とす。
 象に曰く、孚 有り惠心あるは、之を問ふこと勿し。我が桙惠とするは、大いに志を得る也。
 
 大事に至るのかということですが、まず、この卦は 12【天地否】|||(← 左を上にして見る)の外卦の三陽の内の一陽爻が大川を渉った形[交易生卦]をしており、外卦のUSAが空母打撃群などを派遣した形と観るべきかな。
 小成卦の彼我の関係で観ると、内卦【震】の北朝鮮はその通り “電子制御の変則軌道の誘導ミサイル” まで撃ちまくって脅威を煽っており、益々 発射し、その調子なら二〜四爻の互体【坤】でやがて “枯渇” 。
 対して外卦【巽】の米・韓側は裏に【倒震】 “のミサイル他の兵器” を有し、【巽 = 倒兌】のせいぜい前線で “口撃” だけをやっているのが、三〜五爻の互体【倒震】なので、実際に “ミサイルなり攻撃機なり” を繰り出しそうだ。空母打撃群だけでも北朝鮮とは軍事資源が違う。
 位置取りで言うと、北朝鮮が【震】の “東” 、米・韓が 【巽】の “南東” 。

 だが、北朝鮮はもし思うまま強硬な姿勢を続けると、次は上九で、爻辭「〜或いは(= 六三・九五だけではなくその他の爻が)之[上九]を擊つ」で、中共までが北朝鮮に圧力を加えるだろう。金 正恩は四面楚歌。
 その習 近平は 11/ 4、ウクライナ情勢を巡り「国際社会は核兵器の使用や脅しに対し、共同で反対するべきだ」と珍しくロシアを牽制している。バイデンが連邦議会の両院とも敗北確実の中間選挙で「ロシアは核を使うとつもりだ」とラッパを吹いているだけで、プーチンは否定。

 この卦・爻には、菅 義偉 氏の首相への気運を質した占がある。

 ウクライナ軍に何度も大量の “薪” をくべて戦争を長引かせてロシア軍の通常兵器を枯渇させ、残る核の使用に追い込んでいるのは、USA民主党に巣くう戦前・戦中のソ連の巨悪に遺恨を持つ者たち。故・ズビグネフ=ブレジンスキーらの政治的DNAを受け継ぐポーランド系が中心。
 これをプーチン・トランプら国家主義者を排除して世界政府機構を目指すDSが利用しているようだ。第三次世界大戦になることも辞さない。


結 果
 

#易占 #易占い #占い #北朝鮮 #金正恩 #ミサイル



台湾への軍事侵攻
2022/11/ 2
 10/16 中国共産党 第20回全国代表大会の開幕式で、習 近平は台湾をめぐり「最大の誠意と努力で平和的な統一を堅持するが、決して武力行使を放棄せず、あらゆる必要な措置をとるという選択肢を残す」「祖国の完全な統一は必ず実現しなければならないし、必ず実現できる」と語った。
 そして、党総書記[国家主席]3期目をスタートさせた。10/22 の最終日には前任者の胡 錦濤を雛壇から退場させる一幕あり(→ 軟禁)、胡錦濤派の首相の李 国強を中央政治局から外して引退させ、政治局常務委員7人を自派閥から出す独裁体制へ。内、3人は警察トップで、体制支配・管理を徹底。
  小平以来の「改革開放」路線を棄てて、毛 沢東の社会主義路線への逆行をより一層 強める。共産主義は宗教。
 人口14億人強で、毎日 方々で暴動が起こっているような国で、北朝鮮のような専制政治がそう続くとはこちらは思えない。

中国共産党

習 近平の国家主席としての機運を漠然と易に質すと(2020/ 9/ 2)、60【水澤節】|||(← 左を上に。以下 同じ)九五。
 これを物ごとの推移で観るならば、次は上六の「苦節」の行き詰まりなので、翌 2021 年の後半から前後に半年程の間に失脚が期待されたが、その意味の節目にはならなかった。今は2期目が終わっただけに映る。

■しかし、その後、党総書記3期目が決まった後で政変劇がある可能性を報道に聞いて、年内の習 近平の地位の変化如何を質すと(2022/ 9/30)、63【水火旣濟】|||上六。
 これも単に2期目の終わりの占示? いよいよ終焉と観るならば、占時にはまだ3ヵ月あったし、上爻は翌年の1・2ヵ月ぐらいまでは範囲で好いだろう。
 伏卦 37【風火家人】||||で、共産党か軍部の内部でかなりのゴタゴタありと観る。

■ところが、ズバリ、習 近平は党総書記3期目も務めるかを質すと(2022/10/ 5)、20【風地觀】||六二。
 こういう大ごとの占では卦が大卦ならばそこに注目するべきで、【大艮】。現状に艮(トド)まる。ああ、無情…。上六に当たる 2026 年後半から前後半年ほど、即ち、任期いっぱいまでは艮まることになるらしい。
 初学者の方、【艮】止を停止・ストップと採ると間違える。伏卦が 59【風水渙】|||の渙散だから余計に。

 そこで、質す。


占 題
 中国共産党の台湾への軍事侵攻如何(11/ 1)

三 遍 筮 法
得 卦

32 雷風恆
伏卦 34 雷天大壯
互卦 43 澤天夬
錯卦 42 風雷Y
綜卦 31 澤山咸
 初六、恆を浚(フカ)くす。貞(カタ)くすれば凶。利しき攸(トコロ)无(ナ)し。
 象に曰く、恆を浚くするの凶とは、始めに求むること深ければ也。
 
 恆常の卦。【似坎】の御難ありか。
 爻辭「恆を浚くす」まさに先の党大会での習 近平の演説の通り。執着。
 この卦は、占の主体となる者は、九三の時にはその徳を【恆】にしない。上六の時には【恆】を振るふ。
 初六を今年後半として、九三に当たる 2024 年は5月に台湾総統選挙があり、蔡 英文さん[民主進歩党]の任期は終わって(この時 67)現副総統の頼 清徳なり次の人に替わり、USAでも秋にドナルド=トランプさん(この時 78)が再選を目指すと思われる大統領選挙がある。
 また、上六に当たる 2027 年は習 近平の3期目の最後の年(75 で任期終了)。仮にそれまでに次の人物に政権が替わったとしても、台湾併呑の方向は変わらないだろう。何故なら、最近ジョー=バイデンが中国で働く自国の技術者に対して国籍を取るか仕事を取るかと法的に迫ったことで、中国は国内での半導体製造が著しく困難になり、新型コロナ、以前からの経済停滞、監視社会、宗教潰し、英語教育廃止…中共政府は社会の強い反発を受け、党の存続のために外征に打って出ようとする。
 つまり、2024 年には中共政府は台湾に対して選挙に軍事的手段を含む揺さぶりをかけるなど平常ではないアクションに出るだろうし、上六に当たる 2027 年には常態を投げ捨ててかかるだろう。2027 年には上陸作戦の主体となる強襲揚陸艦8隻が完成しており、軍事侵攻・台湾統一の実行が強く予想される。
 度々 書くように時事関連は裏が見えない、不測の事態が起こるで最も読み難く、これについては更に占を詰める必要があるが、以上は識者らの観測と付合する。

 その次は序卦 33【天山遯】||||の初六で、人民解放軍は遯(ノガ)るるのが遅い、即ち、台湾侵攻の執着から?侵攻した台湾から?なかなか退却しない、ということになるかも知れない。6年後にもなると、これが退却のことかさえ怪しくなるが。



結 果
 

#易占 #易占い #占い #中国共産党 #習近平 #台湾統一 #軍事侵攻



お知らせ
2022/10/23
 一週間程前、html 編集に使っている Dreamweaver(adobe)によるトラブルで、この3ヵ月間ほどの記事が消えて、そのままになっています。小規模のトラブルはこれまでも何度も。
 このページをご覧になっている方のご協力で、何とか元の形式を取り戻すことまで出来ました。ありがとうございます。



Copyright (C) 2001-2024 Leibniz Cop.

  home top