易占夜考

なぜ「テロ等準備罪」
2017/ 6/18
 6/15 未明、所謂「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が参議院本会議で強行採決により与党賛成多数で成立。
  法相 金田 勝年。
野党の質問にマトモに答えられず、事務方が代弁。

 この法律の正式名称は「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」。どこにも「テロ」の文字はない。
 この法案の主犯は警察機構で、組織的な犯罪の準備行為だとして何でも捜査対象にして網を掛ける、国民監視のための道具を揃えることがこの法律整備の目的だ。警察が嫌疑ありとすれば知り合いにまで通信傍受が掛けられる。
 「北朝鮮スパイ防止法」の性格が大。ここまで執拗にやるからには裏にもっと大きな具体的な目論見がありそうだ。

 国民としては、予備罪・準備罪をズラズラ並べられ、放射能汚染・被曝の問題しかりで、国の責任を追及する集会をやったら監視対象にされないかと思えば、言論・集会等の活動が萎縮する。また、こういう法律ができると、全国ムラ社会、これまで以上に密告も進むだろう。それは政府・警察に協力することと同じ。我々は1ミリも態度を変えるべからず!


占 題
 「テロ等準備罪」の成立で国民監視は進むか(6/18)

三 遍 筮 法
得 卦

2 坤爲地
伏卦 15 地山謙
互卦 2 坤爲地
錯卦 1 乾爲天
綜卦 2 坤爲地
 六三、章(アヤ = 道徳才能)を含みて貞(タダ)し(く固)かる可し。或いは王事(= 公事)に從ふとも、(自らは)成すこと无(ナ)くして終わり有り。
 象に曰く、章を含みて貞(く固)かる可しとは、時を以て發せよと也。或いは王事に從ふとは、知 光大なれば也。
 
 よく問いに応じていると思う。
 これにより警察機構が陰に暗躍する、自分らの欲する環境作りのために。
 爻辭の前半は戒め・警句になっているが、彼等がこの法律整備でもって実際上あらゆるケースにあらゆる捜査手段を使おう、国民監視をやろうとしているから、こういう卦・爻が出る。
 象傳「時を以て發せよ」もそうで、実際にはそうではないわけだ。遍く、始終。

 【坤】は “民衆”で、この重卦をもって示された、と。安全保障に関わる特定秘密を60年間も公開禁止にして国民の知る権利を侵害する「特定秘密保護法」に続いて、国民縛りの繰り返し。警察官僚が「使いやすい政府だぞ、それー」と進めた。

 さて、次は六四で、爻辭「囊(フクロ)を括(クク)る」。即ち、国民の反応。だから、更に言論やデモ等を規制する性格の法案が出て来るかも知れない。



結 果
 



金 正恩を俘虜に?
2017/ 6/11、7/ 5、7/30
 先の初筮で我慢しておくべきを、北朝鮮がまたかまたかとミサイル開発をアピールしてU.S.A.を挑発し、U.S.A.は原子力空母と打撃群を次々 日本海に繰り出して、いよいよおっ始めるかという状況になって来たので、4/19 また一筮、その成り行きを質す。

 28【澤風大過】||||(← 左を上にして見る。以下 同じ)九四


  大統領選挙に絡む
ロシア ゲート疑惑に着火。
外寇に逃げを打つか。

 卦はまさに大いに過ぎたる状況だが、九四は状況としては持ち堪える。緊張状態の中、ドンパチにはならない。
 ただ、言うまでもなく似たような趣意で二筮・三筮とやるだけ再筮の障りが出て来るので、この占示はせいぜいこの筮時の状況を示しているに過ぎないだろう。実際、その後の5月は無音だった。

 6月になると、空母カール=ビンソンと横須賀を母港とするロナルド=レーガンが韓国軍との合同演習が終わったとして朝鮮半島を離れる。更に、太平洋を西へやって来るニミッツも朝鮮半島を through してインド洋へ向かうとアナウンスされた。どういうことだろう。トランプはロシア ゲート疑惑で早くもお尻に火が着いた。
 対して、北朝鮮は、誘導方式が不明な弾道ミサイルを数百km飛ばして7mの誤差で移動目標に命中させたと主張。次に、弾道ミサイルを地上 2,000 km まで高くロフテッド軌道で撃ち上げて日本海に落とし、グアム・ハワイまで届くこととミサイルの耐熱性能をアピールした。更に、地対艦巡航ミサイルを島々の間を縫うように旋回飛行させて目標の船に命中させたと発表。どこまでもU.S.A.に張り合う。


占 題
 トランプ大統領は北朝鮮を軍事的にどうするか(6/10)

三 遍 筮 法
得 卦

17 澤雷隨
伏卦 51 震爲雷
互卦 53 風山漸
錯卦 18 山風蠱
綜卦 18 山風蠱
 九五、嘉[六二](カ = 婚礼の宴席?)に孚(マコト = 俘虜)あり。吉。
 象に曰く、嘉[六二]に孚あり、吉とは、位 正中(セイチュウ)なれば也。
 
 興味深い占示を得たので書く気になった。
 序卦は 18【山風蠱】|||で、これは前任のバラク=オバマによる北朝鮮グダグダ放置を建て直す意味だろうから、トランプが何かしら問題解決へのアクションを執ることが窺える。
 それで、【澤雷隨】九五は言うまでもなく北朝鮮を上手く隨わせる。各爻辭に「俘虜」とか「係(ツナ)ぐ」と解釈できる言葉があり、一つ手前の九四には「(九五に)隨ひて(六三の俘虜を)獲ること有り。貞(カタ)くすれば凶。孚(= 俘虜)有り道に在り、以て明らかなれば(= 聡明の心で接すれば)何の咎かあらん」。そして、九五の爻辭には “喜ばしいことに俘虜あり” とあって、何やらU.S.A.が周到に手順を踏んで、式典の際に金 正恩を “生け捕る” ような様が想像される(後記:これは 2018/ 6/12 の米朝首脳会談と相成った。「嘉」は特別な会合のようなニュアンスか)。
 この卦と、二〜四爻の互体【艮】なので、軍事的に解決する風景ではない。問いに対する占示の一般的なあり方として、軍事的なアクションとは限らない。
 そして、次の上六が捕らえた俘虜を縄で繋ぎ牢獄に送る時。一家でロシアか中国への亡命と取れなくもないか。爻 = 月なら、7月上旬を中心に。

 あとは軍事作戦もないならば、トランプの政府は「ICBM抜きの核武装」であることを条件に、北朝鮮との平和共存を選択することになる。やるだろうか、U.S.A.が敵対するイランに核ミサイル他の武器輸出を進めようという国に。アラブにもテロ集団にも核が拡散し、それはU.S.A.の核優位性をチャラにする。しかも、北朝鮮は化学兵器・生物兵器も蓄えている。



 7/ 4、北朝鮮は水平に近い弾道で発射された場合にアラスカ全土が射程に入るミサイルを発射。北朝鮮は「火星14」と言い、ロフテッドで軌道で高度 2,802 km、飛行距離 933 km に達した。U.S.A.の国防長官レックス=ティラーソンはこの弾道ミサイルをICBM[大陸間弾道ミサイル]だと認めた。
 トランプ大統領は、北朝鮮がICBMを持ったとなれば、最小リスクによる軍事攻撃しか選択肢はなくなるのではないか・・・さもなければ、全面的な敗北だ。トランプ、それはない。



 7/28 夜、北朝鮮はICBM「火星14」を発射、ロフテッドで軌道で高度 3724.9 km、飛行距離 998 km。金 正恩は「米本土全域がわれわれの射程圏内にあるということがハッキリと立証された」と述べた、と。慈江道付近からの発射は初めて。問題は大気圏再突入時の高熱に弾頭が耐えられるかで、U.S.A.はそのレベルではない、と。
 7/30、北朝鮮は「火星14」発射実験に関する談話を発表し、U.S.A.が軍事的な冒険や超強硬制裁策動を続けるなら、断固たる正義の行動で応える」と警告。大いに図に乗って来た。その時は自分らも終了だが。

 これは、爻 = 年かな。即ち、来年 2018 年を中心に前後に半年辺りに少なくてもU.S.A.側に軍事なりアクションが予想される、と。



結 果
 



「机」は一息つけるだけ
2017/ 6/ 9
占 題
 復興庁福島復興局に相談して如何(6/ 2)

三 遍 筮 法
得 卦

59 風水渙
伏卦 20 風地觀
互卦 27 山雷頥
錯卦 55 雷火豐
綜卦 60 水澤節
 九二、渙のとき其の机[九五? 初六?](キ)に奔(ハシ)る。悔 亡ぶ。
 象に曰く、渙のとき其の机[九五? 初六?]に奔るとは、願ひを得る也。
 
 福島第一原発事故での避難生活で行政側の対応がおかしかったためにやんごとなき問題が発生して、復興庁福島復興局に相談をし、親身に対応してくれたのでホッとした。だが、一職員による対応、やはり問題解決の力はなかった。
 この卦・爻の時は常にこうだ。抱える問題等の渙散を云う卦だが、思うように行かずに散ずる傾向が強いように思う。爻の九二も定卦主の九五と不応。慌てて奔走して、「机」の存在に一時的に寄り掛かれるだけのこと。象傳の「願ひを得る也」を真に受けると失敗する。
 問題を解決させたいなら、可能なら、爻辭「渙のとき其の大號を汗にす」とある九五の存在に直接 交渉すること。この占では新任した吉野 正芳 復興大臣・・・この地元のいわき市 出身で町議会議員として顔を合わせているとは言っても・・・。まずは事務所にメールから。

 さて、九二の裏に 20【風地觀】||(← 左を上にして見る)、【大艮】。大卦の場合、これを先に観るか、後に観るか、考えてみたい。この占の場合にはどちらにも採れる。



1爻=10日?
2017/ 6/ 6
 4/ 4、復興大臣の今村 雅弘が記者会見で左翼のフリージャーナリストの西中 誠一郎 氏の矢継ぎ早の質問に、福島第一原発事故で自主的に避難した人たちの苦境を「本人の責任でしょう」と言い、不満があるなら「裁判でも何でもやればいいじゃない」と。終に激高し、帰りしなに西中 氏に「二度と来ないで下さい」と言い放った。あとで囲み取材の場で謝罪していたが、誰に?
 今村は東北の復興事業の表紙であって、原発の輸出・再稼働のためには東京オリンピックというアピールの場で見せかけのフクシマ復興が要るとする安倍 晋三・自民党政府のホンネそのままである。
 4/25、今村は、自民党二階派のパーティーでの講演で、東日本大震災の被害に関して「まだ東北で、あっちの方だったから好かった」と口を滑らせ、批判を受け、安倍 晋三に引導を渡された。翌 4/26 付けで辞任。


4/ 8、福島県南相馬市の小高中学校(除染しても 200 万 Bq/m²)を視察。小一時間、情緒不審な安倍 晋三 共々 観察。今村はやたら周囲に愛想を振りまいていた。


占 題
 今村 雅弘、復興大臣の座はどうなる(4/ 5)

三 遍 筮 法
得 卦

11 地天泰
伏卦 34 雷天大壯
互卦 54 雷澤歸妹
錯卦 12 天地否
綜卦 12 天地否
 六四、翩翩(ヘンペン = 鳥がヒラヒラと群がり下る、初六などの三陽爻の賢人に教えを受けようと)として富めりとせず(= 富貴なる位地を偉いと思わず)、其の鄰[六五・上六]と以(トモ)にす。(六四〜上六は互いに)戒めずして以て孚(マコト)。
 象に曰く、翩翩として富めりとせずとは、皆[六四〜上六]實を失へば也。
 
 最初の激高会見の後に一筮。

 序卦は 12【天地否】|||(← 左を上にして見る。以下 同じ)だが、これは得卦の上六でドボンだろうと、この翌々日にも辞任かなと思って Facebook にも書いたが、早過ぎる感じがして、2ヵ月後に辞任かな、衆議院解散 → 毎度の内閣改造で更迭だろうと判じた。
 上六の爻辭「城 隍(カラボリ)に復る。師(イクサ)を用ふる勿れ。邑(ユウ = 天子の都)より命を告げんのみ」で、安倍 晋三よりその地位を追われそうだ。反抗は宜しくない、と。
 その裏 26【山天大畜】||||で、内卦【乾】の “前進” を上九に止められる。

 さて、そうして結局 更迭はされたはされたが、2日後でもない、2ヵ月後でもない。筮時から実質20日後、日付上は21日後・・・上九を採るなら2爻で20日。周易が形作られてゆく古代中国では週の概念がなかったようで(週7日の区切りは古代バビロニアに遡るようだ)、例えば、爻を週単位で数えてピッタリはまることはまずないが、10日単位でのカウントはありかも知れない。過去にもそんな例があったと思う。
 ちなみに、六四を今当として爻を後に辿ると、20で 14【火天大有】|||||初九、21で同九二。しっくり来ない。



トランプ vs. 金 正恩
2017/ 3/27、4/10、12/21
  金 正恩は内も外も四面楚歌。
 米軍の斬首作戦に気も狂わんばかりだろう。


 北朝鮮は 2/12 の日米首脳会談の時、新型の中距離弾道ミサイル(ムスダン改良型)を日本海に向けて発射。移動式で兆候を掴むのが難しい上に、発射ボタンを押せば10〜20分で発射できるので、米軍が上空で破壊できない可能性が強く、グアムも射程に入ることで、米韓軍の戦略の柱であるキルチェーン(= 発射兆候から30分以内の先制攻撃)が無力化。
 2/13、マレーシアのクアラルンプール国際空港で異母兄の金 正男(45)をVXガスで殺害。北の核開発で関係が悪化している中国が金 正男を担いで亡命政府を作るのではないかと殺害に及んだか。
 3/ 1、米韓合同軍事演習が始まると早速 反応し、3/ 6 に弾道ミサイル4発を同時に日本海へ発射。半島有事に米軍の前線基地となる在日米軍基地4ヵ所を攻撃するためとU.S.A.では捉えている。
 北朝鮮国内では、軍部を中心に、最高幹部から次々に粛正。金 正恩の異常さがここに来て非常にエスカレートしている。

  有言実行、やや鈍り気味。

 「The Wall Street Journal」(電子版)は 3/ 1、ドナルド=トランプ政府が対北朝鮮政策の見直しを始めており、オバマ政権時代の融和策を転換して、政権転覆も検討していることを報じた。金 正恩をターゲットにした斬首作戦。
 産経新聞の複数の米軍関係者からの情報によれば、米軍はこれまで北朝鮮の核・軍事施設など約 700 ヵ所をピンポイント爆撃し、同時に、海軍の特殊部隊(ネービー シールズ)などが金 正恩を強襲・排除する「作戦計画 5015」を用意して来た。
 しかし、新しい作戦は特殊部隊の単独作戦で、2011 年アルカイーダのウサマ=ビンラーディンを殺害した時と同様。この時は、特殊部隊が深夜ステルス型ヘリなどに分乗して、潜伏先の上空からロープで降下し、40分の銃撃戦で作戦完了。作戦部隊は既に朝鮮半島周辺の所定の場所に待機し、トランプ大統領の決断待ちだと言う。スパイの金 正恩周辺への侵入も。この米軍と通じた内部の反旗を金 正恩は何と言っても恐れているだろう。
 その時、このボウズに自決する勇気があるか?

 トランプ政府は中国に対しては昨年末から「作戦計画の黙認」「政権崩壊時の介入方法」について事前協議を申し入れた。トランプは 2/ 9 習 近平との電話会談で「一つの中国政策を維持する」と譲りながら、この協議内容への理解を求めたが、中国はどうも逃げ腰。
 他方、北朝鮮は水面下で「正恩 直結の女」こと北朝鮮外務省の崔 善姫 北米局長の訪米と、元U.S.A.政府当局者との非公式接触を打診したが、U.S.A.は入国ビザの発給を拒否。交渉・対話が過去 何の意味もなかったことを承知している。

 こうなると、金 正恩はU.S.A.に対して核による脅しが使えない。つまり、米軍による斬首作戦に怯えて核でなくともミサイルを米軍基地などに撃ち込んだら即座に全滅なので、斬首作戦に対しては打つ手がない。


占 題
 トランプ大統領は北朝鮮を軍事攻撃するか(3/ 2)

三 遍 筮 法
得 卦

41 山澤損
伏卦 4 山水蒙
互卦 24 地雷復
錯卦 31 澤山咸
綜卦 42 風雷Y
 事を已めて[已事(= 祭祀)は|已(イヤ)す事は]遄(スミヤ)かに往けば、咎(トガ)无(ナ)し。酌みて(= 斟酌して)之[初九]を損す。
 象に曰く、事を已めて[同爻辭]遄かに往くとは、尚(= 上[六四])と志を合はすれば也。
 

 こういう状況の中、一筮していた。
 【山澤損】は謂わば明確な目的への投資。公益に資する、九三の身を外へ損(ヘラ)しての行動。内卦は投資の行動であり、対する外卦はその結果。
 彼我の関係で観ると、内卦のU.S.A.の【兌】から “聞こえて来るもの” に対して、外卦の北朝鮮は【艮 = 倒震】で反応し、ブルっている。その進捗は、軍事として読めば、米軍は二〜四爻の互体【震】で “電撃作戦”に出て、北朝鮮の政権は三〜五爻の互体【坤】で “消滅”。
 互卦 24【地雷復】|(← 左を上にして見る。以下 同じ)で、この騒動のない、或いは、トチ狂った政権のない元の状態へ。
 北朝鮮という国の消滅如何については別に一筮の要あり。

 初九、爻辭はまさに日常の他事を止めて、目的に対して、速やかに作戦を決行。爻辭は六四を救うことになっているが、実占では色々に採れて、占題に合わせて読む。この卦・爻を得た時にはそうして即座に動かないと余計に拙いことになりがち(後記:7/ 4、北朝鮮はアラスカ全土を射程にする弾道ミサイルを発射し、飛行距離 933 km、高度 2,802 km に達した。U.S.A.はICBMと認める)。爻辭「斟酌して之を損す」が気になるが。つまり、核保有を認める、と。
 この裏は4【山水蒙】||で、占事の背景として U.S.A.にとって霧に隠れて見えない状況がある。
 さて、軍事ありとして、その時はと言えば、一陽を損らす行動を起こす六三の頃から、初九が来て疾(ヤマイ)を損す六四の頃が最もそれっぽい。即ち、爻 = 月なら5・6月のそれぞれの初頭から前後に半月ほどに掛けて。
 「軍事攻撃をするか」と質したのに対して、以上の通り普通に読める。

 ただ、軍事攻撃が前面に出るなら、もっと違う卦・爻が示されて好いかも知れない。むしろ、この初九は北朝鮮を救う意味合い。「軍事攻撃をするか」という狭義の問いを外れるとすると、「疾を損す」は別のやり方で北朝鮮を無力化するということ。
 いよいよ悪夢の王朝の終焉となるか、見物しよう。



 4/ 7、トランプ大統領がシリア国内の化学兵器を作っているとする施設にトマホーク ミサイル59発を叩き込んだ。シリア政府軍が化学兵器を使用しており、更なる使用能力を削ぐ、との理由。トランプは軍産複合体に取り込まれたか、ロシアのウラジーミル=プーチン大統領との関係もおかしくなったが、金 正恩には大きなショックだったろう。「何をするか知れない人」が所を入れ替えた。
 それから、爻辭の通り、トランプは空母カール=ビンソンと空母航空団、誘導ミサイル駆逐艦をシンガポールから朝鮮半島へ派遣させており、ゆっくりインド周りで 4/25 頃 近海に到着予定、中国に北朝鮮押さえ込みの猶与を与えるように。西海岸のサンディエゴ海軍基地からは誘導ミサイル駆逐艦2隻の水上戦闘群が出港し、合流の予定。また、横須賀には空母ロナルド=レーガンがあり、空母ジョン=C=ステニスも南シナ海から日本海で活動しているという(後記:ステニスではなく、ニミッツのよう。イージス艦は計16隻)。トランプはあらよる選択肢を北朝鮮や中国へ示す、としている。

 さて、内卦【兌】は【乾】で進みながら、六三が損する、即ち、外卦へ出る。爻辭「三人 行けば、則ち一人を損す」。U.S.A.・中国・ロシア(韓国?)が中心になって事を進め、U.S.A.が叩く、か。


空母カール=ビンソンとイージス艦・潜水艦を含む打撃群。



 爻辭が気になっている。「事を已めて遄かに往けば、咎 无し。酌みて之[初九]を損す」・・・トランプ大統領がイスラエルの首都をエルサレムと認定したり、イランが欧米6ヵ国などと結んだ核合意についてイランが順守しているとは認めないと表明して敵対的に出たり。二正面作戦が出来ないとすれば、爻辭の「事」とは北朝鮮とのことだとすると、北の核保有を容認などという日本にとっては最悪の展開になることなので、注目。



結 果
 



2017 年、首相としての安倍 晋三
2017/ 2/ 2、12/21、2018/ 3/28
 放射能汚染と被曝の問題で天敵らの神輿に乗っている、安倍 晋三(62)。昨年 12/15 に在任日数が第1次内閣を含めて 1807日 となり、中曽根 康弘の 1806 日を抜いて、まさかの戦後第4位に。

  この催眠術に罹っているようなくるくる ぱーを誰か止めよ!
 

 ところが、原発の輸出や武器の輸出を「三本の矢」の最後の成長戦略としているアベノミクスは失敗して、膨れ上がった国債の債務だけが浮き彫りに。
 TPPはドナルド=トランプ大統領が「永久に離脱する」と宣言して空中分解し、二国間のFTAを突き付けられようとしている。「トランプは大統領になったら現実路線に変わるだろう」の根拠のない甘い期待は完全に消えた。
 北方領土の返還交渉は事前交渉で歯舞諸島・色丹島を返したらそこにU.S.A.が基地を設ける可能性はどうなのかとロシア側に問われ、初代「日本版NSC」国家安全保障局長の谷内 正太郎という怪しい外交官は「可能性はある」と答えたので、ウラジーミル=プーチン大統領は両国間に「領土問題は存在しない」と。ところが、安倍 晋三は具体的な見返りが見込めない 3,000 億円もの投資を約束した。
 この男が首相になってから海外でバラ撒いたお金は何と 100 兆円を超えるという。アジア インフラ投資銀行[AIIB]に対抗してのアジア開発銀行[ADB]他による融資だが、無償融資も多い。

 そうして、1月に計画していた衆議院の解散 → 総選挙は名目が立たず、議席の減少は確実につき、無期延期。


占 題
 安倍 晋三、2017 年、首相としての機運如何(2/ 2)

三 遍 筮 法
得 卦

49 澤火革
伏卦 63 水火旣濟
互卦 44 天風姤
錯卦 4 山水蒙
綜卦 50 火風鼎
 九四、悔 亡ぶ。孚(マコト)とせらるること有らば、命(= 政令)を改めて吉。
 象に曰く、命を改むるの吉とは、志を信ずれば也。
 
 変革・革命の卦。しかも、いよいよの時を迎えつつある九四。今回のような占事占的の場合、変革を退陣と観るか、あるいは総選挙による内閣改造などと観るか、また、爻 = 月と採るか、= 年と採るかで、四通りの読み方か出来る。
 事実としての変革は立場によって良い・悪いは変わる。そして、序卦は 50【火風鼎】||||(← 左を上にして見る。以下 同じ)で、これは、革命が終わって、同士と円卓を囲んで料理を食しながら国家統治のそれぞれの課題をどうするべと練っている意味なので、こういう政権の占では【澤火革】は変革しての続投とも取れないこともない。

 例えば、2015 年、サッカー女子W杯カナダ大会を控えて代表落ちが続いていた なでしこジャパンの大黒柱の澤 穂希さん。佐々木 則夫 監督が代表復帰のことについてチラッと述べたので、代表復帰するかと一筮してこの卦・爻を得たが、これは書いた通り復帰はないと即答。程なく発表があり、的占。皆の期待が続いていたが、ここで変革となるわけだ。

 話を戻すと、九四を裏返すと 63【水火旣濟】|||で、内閣としては諸関係とよく噛み合っている、それ故にあれこれ膿んだところが問題化。
 ハッキリ判断がつかないが、ただ、問筮は、要は、今年 安倍の政権がまだ続くのか終わるのかを質していること、そして、爻 = 月では来月にも退陣では今現在の情報としてはそうは採れないことからすると、現状の姿については余命 約1年と採るべきかな(前後に半年)。とにかく、来年半ばまで、もしかしたら来月まで、心象的にも大きな動きがある。



 10/22、米朝の一触即発かという最中にまさかの総選挙をやり、自民党が−6の 284 票、公明党が−5の29票で、2/3以上を占める圧勝。悪夢の安倍 晋三の続投となった。アメリカ側からはまだ攻撃はないよと言われていたわけだ。
 一時、小池 百合子 都知事の希望の党の大躍進が期待されたが、会見時、民進党議員の希望の党への合流を巡ってリベラル系議員を「排除」と言った一言と、自身も鞍替えしなかったこととで、悪者イメージに一転、惨敗。



結 果
 【澤火革】九四はどうも年内の改選のことだったようだ。



Copyright © Leibniz Cop.2001-2018. All rights reserved.

  home top